読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら天界、いまどこにいるの???

ゆるゆるとね、ココにあった証を

アイリウム

昨日言ってた眠剤って、ロヒプノールアモバンハルシオンなのね

 

今クスリ出してくれてる精神科医がとても寛容な方で、一か月分は出すけど、

それぞれODにならない程度に飲んでくれればokって言うからさ

 

まあ飲んだり飲まなかったりいろいろしてんですよ

 

抗うつ剤とかその他の精神的な症状を緩和させるものって、

モノによっては一日ぼーーーっとしちゃったりするから(飲んでたことあり)、

長い長い闘病生活の中で、最低限『眠れること』に落ち着いたところ、

前の3種に落ち着いたのね

 

さて、本題

 

ふとどこからか仕入れてきた知識で、『アイリウム』っていう短編漫画が良い、

と書かれてて、ざっとあらすじも見、レビューなんかも見、

1巻完結オムニバスと言うので購入

 

思った以上になかなかな作品かつ、アイリウムって言う『薬』を中心に、

話が進んでいくっていうからさ

 

基本さっき言ってた眠剤も・・・一歩間違えばドラッグ括りになっちゃうんだろうし、

ロヒなんかは、外国だと禁止薬剤に入ってるからね、ハルシオンもか

 

一度諸事情でアメリカ領に旅行した時に、いろいろ調べたら、

ロヒは持ってったら即お巡りさんにとっ捕まるってなってて、

それを精神科医に行ったら『マジで!?』って、

こっちがレクチャーしたのはいい思い出...( = =) トオイメ

 

ま、それは全て使う側の問題であるから一概には言えないけど、

ここに出てくるアイリウムって言うのも、カテゴリで言うならドラッグに入るんだろう

 

ちょいネタバレると、『一日先にワープできる』

『単純に言うと記憶喪失になる』ってことなんだけど

 

一話目の主人公が言うんだよね、『それって意味ねーじゃないっすか』って

 

でも結局飲んじゃう

 

一話完結で、立場が違う人々が、それぞれアイリウムと言う名前の薬を中心に、

飲んだり飲まなかったりするけど、そして破滅的な人生送ったり、

逆に幸せつかんだりするんだけど、総じてテーマは『記憶』だったりする

 

個人的な考えだけど、結構おススメ

 

記憶ってあいまいで、やらなかったことをやったと錯覚してたりもするし、

他人の話を聞いて、自分がやったとも思いこめるし、

リアルな眠剤使っても一過性健忘っていう症状が“おまけ”でついてきたりもする

 

自分もある眠剤初めて飲んだときはそうだった、まったく記憶になかった

 

それは健常者だった時の症状もあれば、最近のもあるから、

そこらへんは他人事じゃないなって思って読んでた

 

近い体験をしてるからこそ、重かったりする

 

アイリウムって言うドラッグ(ないしクスリ)がある世界では、

オーバードーズすると10数年たってることもあるようだし

 

なんにせよ、近い体験をしたことがある方・現在進行形で眠剤飲んでる方には、

重く感じられる一編があるんじゃないのかなと思います

 

全7話の、アイリウムに関連するオムニバス一巻完結漫画、

人は選びますけど、ハマる人はハマると思う^^

 

 

アイリウム (モーニングコミックス)

アイリウム (モーニングコミックス)

 

 

 

表紙もなかなか凝っててヨシ(^ー^* )フフ♪