読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら天界、いまどこにいるの???

ゆるゆるとね、ココにあった証を

もうすぐ

じぶんのこと

前々から決まっていたことだったりしますが

 

後日、それも近々に、両親と同居することとなりました

 

この地へと引っ越してきた際は、相方サンも、

ここはそのうちおとたまおかたまの部屋にしようと、一部屋開けてくれましたが

 

その部屋は物置部屋になる始末でorz

 

越してきた時からまったく手を付けてない段ボがあちこちにあって

 

ツキイチで実家に帰ってましたが、もう母親のほうが認知症気味だということもあって、

前から一緒に住もうとこちらが打診してたんですが、とうとう父親が話に乗ってきて

 

それから数か月、私は私にできることを、細かく言えば、

親が次々宅配便で送ってくる洋服を出して詰め替えたり、

なんだかわからない荷物の仕分けをしたり、自分なりに頑張ってきたんですが

 

親が送ってくる洋服があまりにも多くて挫折しましてorz

 

で、送ってくる父親父親で、申し訳なさそうに聞いてくるんですが

 

私が『人のこと言えないけど』と前置きして

『あんなに洋服いるのかね???』と

 

人のこと言えないってのは、自分もコレクター癖があるので、

本とかDVDとかゲームソフトとかいろいろ

 

それにしたって多すぎるよ、服...( = =) トオイメ

 

私は自分が着る服なんて最低限だったりしますけど、こればっかりは・・・ねえ

 

精神科医にも、もうだいぶ前から実は同居が決まりましたと言ってて

 

某ドラッグみたいに、一年先まで記憶飛ぶクスリないですかねえなんて、

自虐ネタとして言ってましたけど

 

実際両親と一緒に暮らした時期は、生まれてから事故で片麻痺になるまでの、

17年しかなくて

 

嗚呼、ホントに一年先まで記憶なくしたい・・・

 

父親も転居届出したりいろいろとやってるみたいですけど、

どうしたってお互いのプライバシーってもんがあるのはしようがないことで

 

かつ、診断書を書いてもらって、こちらの大規模病院に行くときは、

私も付き添いで行ってほしい云々

 

ホントに落ち着くのは、半年から1年くらいかかるだろうと、

自分なりに逆算して最高と最悪のパターンをそれぞれ考えて

 

考えるだけでも気力がエラく消耗するんですよね

 

それともうひとつ

こちらの区役所にも何回か相談に行ってますが

 

はっきり言って、病人ばかりが一つ屋根の下で暮らしてるのに、

サービスのひとつもないものか???と疑問です

 

父親は片目見えず、母親は認知症要介護、私は片麻痺、相方サンは糖尿治験

 

果たして誰が、最低でも『見守って、相談に乗って』くれるんでしょう???

 

おかげで先週見てきた劇場版傷物語のレビューもできやしなかった(;´д`)トホホ

 

 

 個人的に幼女スタイルな忍タンが好みです

 

さぁてこれから鬼が出るか蛇が出るか見ものですね(T-T*)フフフ…

 

ああ私片麻痺20年選手なので、できないことが歯がゆくて

ぼつぼつ軽い精神的ダメージ受けてますが、

これが100%になったらどうすんだろ

 

とりあえず『いつでもできる自殺』ができなくなりそうな雰囲気

親がいるからね

 

これでも一人っ子なもんで、親より先に死ねないかなーっていう、

倫理観と道徳観は、わずかながら持ち合わせてたりもしますが、

実際来られると定かじゃないかなー死なんけど

 

何とかはいつくばってでも、冷淡な言葉に聞こえるかもしれませんが、

親が死ぬまでは死ねないと思う

 

とはいっても、もやもやしてんだよなー

 

とりあえず一歩ずつかな(ノ_-;)ハア…