読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら天界、いまどこにいるの???

ゆるゆるとね、ココにあった証を

少女椿と変態仮面ともに映画観てきましたが

だいぶ間が開いたので、レビューになるかならないかってとこです

まずは少女椿かなー

前アニメ映画になったのは知ってるけど、とうとう実写化!!!って聴いて、

丸尾画伯信奉者のアタクシは、誰もみたいって言う友だちがいないから、

(そもそも友達自体がいない)しかたなく相方さん連れて行ってきたですよ、

東京まで

 

 

ああ、トーキョーおっかねだガクブルなこのワタクシがね

 

んーーー

もう感想ネタバレしますけど、途中から『少女椿ってこんなんだっけ???』と、

クエスチョン浮かびまくりでね

 

まあ映画化したい!!!って言う監督さんの気持ちはじゅうぶんわかった

でもしたいとするってのは、ぜんっぜん違うでしょう???

 

まあ実写化で大コケしちゃったかな、って言う見本市みたいなもんなのかなと

 

だってー

日本の原作・アニメを実写化して、今までうまくいったのって、数少ないじゃないー

 

あえて言うなら、テーマソング歌ってたチャランポランタンがいい出来でした<そこか

 

あと小ネタと言うか、あらこの人が!!!って言う方が出てたよね、

御茶漬海苔先生とか鳥肌実とか

 

いっやー、キッショイっすよ、鳥肌実(褒めてます)

 

それ以外はなー

終わった後相方サンに言ってたひとことが、『お布施だ』と

 

これは丸尾画伯へのある意味リスペクトだ、と

だってみどりちゃんあんなすらっとしてないしーーー!!!

パニエ穿いてないしーーー!!!

ワンダー正光小人症じゃなかったしーーー!!!

 

んで半分以上、ロケハンに横浜廻った感アリアリで(笑)

あーラー博かなーとか、公園も横浜で撮り下ろしたんだなーと

 

見世物小屋も、ほぼカットされてたな

つーか、今の時代に見世物小屋、って言うのもね、って

 

昭和の時代だからこそあったものでねー

 

いいんです、お布施なんです映画代(-∧-)

 

 

 

それから数日後

口直しに変態仮面2見てきたんですよ

 

ええ、どうどうと『HK』ではなく、『変態仮面のパンフレット一部下さい!!!』と

 

1の時はパンフ自体がなかったのさ・・・...( = =) トオイメ

Tシャツくらいだったけど、それも黒地に変態仮面のラメ入りで、

『クロスアウッッッ!!!』・・・着れない・・・着れないよ・・・

 

今回はね、前回を見越して、タオルハンカチ持参で見ました

なんでかって???

笑い声を押し殺すことにもしかしたらなるやもしれぬ、と思って

 

結果。

大正解。

 

たぶん5分に1回平均で爆笑してました

 

これはね、スゴいよ

数少ない実写化成功例なんだから

 

それもね、出てる俳優さんが、真面目に不真面目なセリフ言うもんだから、

もうそれだけでおかしくておかしくて(='m') ウププ

 

もう、鈴木亮平リスペクト、あんど画伯リスペクトで、

絶対使わないであろうクリアファイルとか、『おいなりさん』欲しかったんだけど、

諦めてクリップぺったんするヤツ???買ってきたよ

 

これはいいお布施だった・・・

もっかい観に行こうかなって思える映画でしたもん

 

笑いの声はアテクシだけじゃなくて、あちこちから漏れてましたから、

みんな待ってたんだなぁと感慨深かったんですよ

 

はああ・・・でも鈴木亮平氏、太ったり痩せたり、

キャラクターに似せようと頑張ってるんだけど(俺物語もみたぞ)、

思考Aは良いぞもっとやれって言ってんだけど、

思考Bがもうそれくらいでやめとこう???って心配してるからね

 

でも良いシリだったよ・・・

 

なんだかんだ言っても、けっこう書けるじゃん私

 

 

映画のもとになった原作をリスペクト

これ、あたしが事故る前に、ジャンプでやってたような気がするんだよね、

だから今でも覚えてるのだ

 

 

 

HENTAI KAMEN  文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

HENTAI KAMEN 文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版)