読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら天界、いまどこにいるの???

ゆるゆるとね、ココにあった証を

雨神様

リアルで日本の八百万の神様の中で、純粋に雨の神様って分類がないと思うんだけど

 

まあ水神って言うカテゴリではいくつかあるんだけど、代表的なのは龍神だしねえ

 

笑っちゃったのが分水嶺の神様なんかもいる(笑)

そもそも水神=田の神様に大部分がいっちゃってる背景があるんだけど

 

で、そこから斜め右に視点うつすと、あたし雨神様の眷属では、って思うことがある

 

科学的な側面からみたら、気圧の変化やらなんやらが、無意識化で感じてて、

そこからなんか体調が悪い、なんかいつも以上にネガな考えだ、ってなって、

結果数日後には雨がふる

 

今もそうだ

 

悔しいけどその『能力』ってのは、あたしの周りにも作用するらしく、

某人はあたしがいると雨にふられなくてすむって言ってる

 

ふられてもどしゃぶりにはあわないと

 

根拠は全くないけどね

 

ただ神話って言う、あたしが大好きなモノのひとつとかかわってるから、

まんざら違うとも言い切れないんだよな

 

眷属と言う言葉が重いなら、そうだな、巫女さん的なナニカだな

あとは神から妖怪に零落したナニカかな

 

総じて女性の方が、超自然的な分類に長けてる感がある

女性だから、男性だからって言う縛りはあたしは好きじゃないけど、

女性向け・男性向けって言う、“差別”ではなく“区別”だな

 

さて、モヤモヤするから寝ようかね

 

 

日本の妖怪 ~妖怪でひもとく日本の歴史と文化 (別冊宝島 2225)

日本の妖怪 ~妖怪でひもとく日本の歴史と文化 (別冊宝島 2225)