読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら天界、いまどこにいるの???

ゆるゆるとね、ココにあった証を

うひょほ、またどエラいことを書いちまった

今は平常運転、うん

 

ただ、さっき書いたのもあたし、うん

 

でね、これ読んだ弁護士さんにツテある方、理解してほしいんだけど、

今から20年前、事故で脳挫傷からの右麻痺だったのね

 

そん時まだ高次脳機能障害って言う病気は出てきてないわけね、まだまだ

 

並行して、元気な頃から『なんか違う』感はずーーーっと持ってて、

またまた元気な頃から精神科通い始め(小学生から中学生頃だ)、

抗鬱剤はじめ睡眠導入剤とかその他もろもろのクスリ飲み始めたのもその頃

 

事故ってから、カラダの病気(って言うか事故の傷)とか治すのに3か月入院、

でも当時から今で言う睡眠相後退症候群っぽい症状に悩まされて、でも退院

 

それから最初の結婚したけど、子供も産んだけど、

義母に起こされないと起きないような生活パターンだったような気がする、

あんまり今は覚えてないけど

 

実際今は行ってないけど、これでももう20年以上悩んで悩んで、

このひとと違う生活パターンとか、モノを考えられない状況とかいろいろ、

NPOとかにも行ってきたけど、結局あたしの“コレ”は、

先天的に持ってた何らかの精神疾患プラス後天的にそうなっちゃった脳機能障害、

ってことでokなんだろうか、ってことで、あちこち聴いてみたりしても、

みなさん脳卒中とか病気でなっちゃった方ばっかで、事故で若いうちから、

って症例は、少なくともあたしが見た限りだとひとつもないんだ

 

ただ、今は高次脳のコミックエッセイ本とかも出てるけど、

『第三者』が高次脳患者をみたうえで書いてる・描いてるもんだなぁって

 

あたしは、あたし自身が、『どっか違う』感をずーーーっと持ってて、

かつ事故って脳挫傷からの右麻痺負って、並行して睡眠相後退症候群もあって、

って言うようなパターンだから、どこの誰に聴いていいんだか全くわかんない

 

区の福祉関連にも重い腰上げて聴きに行ったりもしたけど、

結果あたしの昼夜逆転とか、うつ傾向とかで、以上終了、全くわかんない

 

どっかの誰か、調べてください、治るなら治して

 

治らないなら『寛解』って言って、あたしの生活パターンは変わんないんだって教えて

 

病院に行きたくても、パニック症etcでひとりじゃいけない

 

いっそ死ねたらどんなにラクかとも毎日考えるけど、未だに死ねないオロカモノ

 

ああ、全くもう

 

 

日々コウジ中―高次脳機能障害の夫と暮らす日常コミック

日々コウジ中―高次脳機能障害の夫と暮らす日常コミック